MCoreに関するお問い合わせ TEL:03-6406-2860

資料請求・お問い合わせ

MCore トップページ>特集:Windows10の機能更新プログラムや大容量のセキュリティパッチを効率よく配信するには?

分散配信機能

Microsoft社のWindows7が2020年1月14日で延長サポートを終了するのに伴い、企業においてWindows10への移行導入が進んでいます。

Windows10はこれまでのOSとは異なり、年2回の更新サイクルであることに加え各バージョンのライフサイクルが短命であることから、企業では短期間にアップデートを繰り返す必要が生じています。

現在、企業がWindows10を導入するに際しての大きな問題として、機能更新プログラムやセキュリティパッチの大容量化に伴う配信容量の問題があり、企業内ネットワークへの大きな負荷が頻繁に発生するため、セキュリティパッチの速やかな適用が困難になってきました。

Mcoreの分散配信機能は、企業内ネットワークの帯域を占有することなく機能更新プログラムや、大容量のセキュリティパッチを効率よく配信するソリューションを提供します。

 (詳細は営業担当までお問合せ下さい。)

分散配信

ページトップへ

個人情報保護方針

サイトのご利用にあたって

サイトマップ